法人実印・代表印とは

法人実印・代表印は会社の登記に必要で権利関係を立証する為に重要な契約をする時に用いるものになり、会社の印鑑の中では一番重要な物となってきます。

登記に必要な法人の実印は1センチから3センチの正方形に収まる物でないと規定されています。基本的に法人の実印は丸形です。

法人の実印は周りに会社名が記載されて、内側に代表者の役職名が記載されているのが一般的です。

会社の実印の外枠には事業形態と会社名が記載されるため、事業形態は株式会社や有限会社、相互会社、合同会社、NPO法人、合名会社、個人商店などが記載されます。

内枠文字は会社組織であれば、代表取締役が一般的で有限会社は取締役、合同会社は代表社員、合資会社や個人商店は代表者印、NPO法人や社団法人などでは、理事長印が記載されます。

会社で一番重要となる会社実印となるため、いいものの方が当然良いです。格好いい法人の実印で話題にもなりそうなブラストチタンのきらきら光っているはんこdeハンコのチタンの会社実印・法人印・代表者印を持っているとネタにもなるかもしれません。